医療経営はコンサルティング会社にお任せ|経営のスペシャリスト

大勢の人

整骨院として独立

男性

柔道整復師とは、骨や筋肉に異常を感じた人に対して医療行為を行う人です。骨折や捻挫が多い高齢者やスポーツマンを相手に治療をすることが多いです。柔道整復師と似たような職種に整体師や看護師または理学療法士がありますが、柔道整復師は、民間資格である整体師とは違い国家資格ですし、看護師や理学療法士とは違い独立して開業することが許されています。なので、整骨院として開業したいのであれば柔道整復師の資格を得る必要があります。当然、整骨院として開業するためには柔道整復師としての知識や技術を得ることの他に、経営者としての知識や心構えを持つことも必要になります。同業者や仲間にいろいろと相談したり、セミナーなどで学ぶことが大切です。柔道整復師は医療行為を行うので、保険を適用することができます。保険の請求をするためには保健所に施術所開設届を提出しなければなりません。このとき、柔道整復師免許や施術所の平面図などの書類も必要になります。また、保険請求に関わる届け出として地方厚生局にも赴く必要がありますし、自衛隊員や労災認定を受けた人などを施術するために、それぞれに必要な手続きがあります。開業のためには資金が必要です。金融機関でローンを組むことができますが、自己資金を用意することも大切です。また、厚生省が用意する助成金を利用することもできます。ローンを組む際に金融機関を納得させるためにも事業計画書はきちんと練っておきます。希望的観測ではなく、自分のやるべきこととして記入します。施設が整ったら、来客を一人でも多くするために、PR活動をします。といっても、外に出て施設を留守にすることはできないので、ホームページやSNSを活用することをおススメします。